ランニングで頻繁に起こるトラブル腸脛靱帯炎の予防と対処方法

ランニングは足や膝に負担がかかりやすいスポーツです。だからこそ入念なストレッチやケアが必要になるのですが、中でも頻繁に起こる怪我のひとつに「腸脛靱帯炎」があります。これは骨盤とスネの骨をつなぎ、ひざの外側を支えているじん帯が炎症を起こす症状です。

別名「ランナーズニー」と言われているランニング障害で多くの方が悩まされています。
一度腸脛靱帯炎が起こってしまうとクセになりやすいのも問題のひとつです。ひざの外側に痛みや不快感、違和感が起こり、無理を押してトレーニングを続けてしまうと、どんどん悪化してしまいます。

特にランニングはトレーニングから離れるとなかなか勘を取り戻しにくいため、不安になって練習してしまいがちです。もしも炎症が起こったら無理なランニングは控えて、痛みが治まる、あるいは軽減するまでしっかりと休養を取るようにしましょう。

腸脛靱帯炎を引き起こさないようにするにはストレッチが有効です。ランニングを始める前に屈伸など膝周りの筋肉や筋をしっかりと温めてあげることでトレーニング初期にかかる負担を軽減させます。またランニングした後はゆっくりと歩く、入念にマッサージとストレッチを繰り返してクールダウンさせましょう。

ランニングのフォームも重要です。特にストライドが大きい人は膝や足にかかる衝撃が大きくなるので、歩幅を少し小さくして脚の回転を上げるピッチ走法を取り入れると痛みや炎症が軽減されやすくなります。とはいえ、やはりハードなメニューや長時間走り続けるとダメージがかかるので注意しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ