ランニングでの長距離走は5000m以上のレースのことを表す

ランニングやマラソンは長距離走に分類されていますが、明確な基準まで把握している方はあまりいないようです。陸上競技種目の視点から見ると5000m以上のレースがこれにあたると明確にされています。

当然ハーフマラソンやフルマラソン、ウルトラマラソンも長期理想に含まれるわけですので、他の競技と比較してかなり幅広いことがわかるでしょう。
最近では競技のため、タイムのために走っている人よりも健康やダイエットのためにランニングを取り入れている人が増えています。

運動強度はそこまで高くは無いものの、他のスポーツよりも長時間にわたって運動し続ける必要があるため効率の良いエネルギー消費、脂肪燃焼が期待できるのです。
長距離走を上手にこなせるようになるためには反復練習による慣れも大切ですが、いくつかのコツを覚えておくだけでも随分と違ってきます。

昔は根性論がまかりとおっていましたが、やはりコツを知っているのと知らないのとでは上達スピードは随分と違うのです。長距離走で最初に意識したいのが呼吸方法です。ランニング向けの呼吸法を身につけると酸素を供給しながら走れるので脂肪を燃焼させ続けられます。つまりエネルギーを動力にして走れるわけです。

一般的には「2回吸って2回吐く」を繰り返します。「フッフッ、ハッハッ」を意識してみましょう。またフォームにも意識を向けるようにします。腕を大きく振る必要は無く、しっかりとかかとから着地して指を使って蹴り上げるようなイメージで脚を出していきます。またできるだけ体がブレないように維持することも忘れずに取り組んでみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ