スプリンター体質の人でもランニングに特化しできる中間筋線維の鍛え方

私たちの体に存在している筋肉は速筋と遅筋の2種類です。それぞれ生まれ持った割合が決定されていて、ランナー向けの人、スプリンター向けの人は先天的に決められているというのがこれまでの一般的な説でした。

しかし、実は筋肉の繊維の中には「中間筋線維」というものも存在していることが最近になって確認されました。これは速筋線維と遅筋線維の両方の特徴を備えている筋肉で、瞬発力に優れていながらスタミナもあるのが最大の特徴です。

速筋線維の方の割合が多いと、マラソンやランニングよりも短距離走などスプリンター向けの体質になるわけですが、これらの体質の場合でも普段のトレーニングのなかから有酸素運動を多く取り入れることによって中間筋線維が鍛えられていき、持続力やスタミナが十分なランナーに生まれ変われます。

しかし逆に遅筋線維の割合が多く、ランナーとしての素質がある人はスプリンター向けのトレーニングを繰り返しても、そのような体質作りは難しいと言われています。中間筋線維を鍛えていくためには、有酸素運動を多く取り入れることが大切です。

そのため普段からランニングやジョギング、ウォーキングを使って筋肉にたっぷりの酸素と刺激を与えること、筋トレをするときにもゆっくり深く呼吸をしながら、無酸素運動にならないように注意することで鍛えられます。誰しもが必ず鍛えられる筋肉ではありませんが、ランナーとして活躍したい方はこれらの点を守りながらトレーニングに励みましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ