ランニングで重要な遅筋線維は優れたランナーほど発達している

筋肉には大きく分けて2つがあります。中でも持久力に優れており、スタミナと深い関係があるのが遅筋線維です。こちらはマラソンやランニングといった長時間にわたって運動し続ける際に使われていて、赤い色をしているため「赤筋」とも呼ばれています。

比較的肥大化しづらい筋肉なのですが、とてもスタミナが高く、ランニングを普段から行っている人ほど発達しています。スプリンターと比べて、ランナーは細身の人が多いのはこれが大きな理由です。

もうひとつの筋肉の種類である速筋線維は瞬発力に優れた筋肉です。短距離走や各種スポーツで重要度の高い筋肉ですが、マラソンやランニングなど長時間の運動ではあまり重要ではありません。その理由は非常に疲れやすいからです。比較的肥大化しやすいのでスプリンターが筋肉質なのはこれが理由になります。

ランニングのために遅筋線維を鍛えていくためのトレーニングは、まず有酸素運動を取り入れたトレーニングが有効であることを意識します。そのため普段のランニングトレーニングでも十分に鍛えられるでしょう。ランニングでのスピードアップのためのトレーニングを行うときにも注意が必要です。

瞬発力を高めたほうが良いと考える方も多いでしょうが、それだと筋肉の疲労が早くなってしまうためペースを維持しづらくなります。そのため筋トレをするときにも遅筋線維のことを考えて、きちんと酸素を取り込んだ有酸素運動を意識しながら筋肉に刺激を与えるようにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ