ランニングのスピードアップに直結しやすい大殿筋の鍛え方とケア

大殿筋はお尻の中で一番大きい筋肉です。骨盤から太ももにかけて伸びており、上半身を支える働きを持っているだけでなく、上半身と下半身の動きをつなげる役目も持っています。ランニングでは主に足を後ろにひくときに使われており、ここはしっかりと鍛えてあげると、地面を押し出す推進力を手に入れられます。

つまり、スピードアップを目指すなら必ず鍛えておかなくてはならない部位だと言えるでしょう。うまく鍛えられれば早く走ることができるのみならず、疲労を軽減させることもできるためより長く、楽に走ることにつながります。

大殿筋をトレーニングする方法はいくつかありますが、一般的によく用いられているのがスクワット、ランジ、レッグプレスになります。これらは同時に大腿四頭筋も鍛えることができるためトータルでの脚力アップにつながるでしょう。

またトレーニングジムで「バットブラスター」というトレーニングマシンが用意されている場合があり、これを使用するとより効率よく鍛えられるのでおすすめです。大殿筋は故障も多い部分なので、きちんとストレッチを行ってケアしてあげることも大切です。

ストレッチの方法として屈伸運動が一般的によく用いられています。また、仰向けに寝た状態でひざを胸につけ、体の内側に向かってひねる運動を繰り返すと効率よく筋肉や筋を伸ばすことができるのでおすすめです。逆に痛めてしまうことがないように、適度な力加減で実践していきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ