ランニングでスタミナを維持させたいならお茶にたくさん含まれているタンニンがおすすめ

健康効果やダイエット効果に優れる成分として注目を集めている「タンニン」ですが、ランニングをする人にもおすすめできる成分です。緑茶などに多く含まれているポリフェノールの一種で、抗ガン作用、抗酸化作用、殺菌作用が期待できると各業界から注目を集めています。

どうしてタンニンがおすすめなのかというと、優れた脂肪燃焼効果を持っているからです。ダイエットのために、脂肪燃焼効果を期待して取り入れる方が多いのはこれが理由です。ランニングの最中は、どうしても体内に蓄積しておいた脂肪をエネルギーとして使用しなければなりません。

それくらいハードなスポーツで、いかにカロリーコントロールができるかも大事なポイントのひとつになります。タンニンをランニングの前に摂取しておくことで、走っている最中に血中のエネルギーが尽きてしまっても、脂肪を効率よくエネルギーに変換させることができるためバテにくく、スタミナを持続させやすくなります。

これらのほかにも美容効果にも優れているため、女性にとって嬉しい成分だといえます。優れた抗酸化作用があるので肌のターンオーバーを促進させ、美しい肌をキープできるわけです。さらに抗アレルギー性用にも期待されるため、花粉症シーズンにランニングするのがきつい方は試してみてはいかがでしょうか。

ただし注意したいのは、緑茶をランニング中の水分補給に使用するのはあまりおすすめできないということです。緑茶には強い利尿作用があるので体の水分が外に出やすくなり、脱水症状を引き起こす可能性があります。ランニングの前に飲んでランニング最中の水分補給は、スポーツドリンクにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ