ランニングの疲れを効率よく取り除くならタウリンを取り入れてみよう

レースやランニング大会に向けてトレーニングを重ねていると、なかなか疲労が抜けないことがあります。オーバーワークになるほど練習をしているわけではないけれど、1日では疲労が抜けないことも珍しくありません。それだけランニングはハードなスポーツだといえるでしょう。

体に蓄積してしまった疲労を取り除くなら、十分な休息を取ることはもちろん、栄養素にも気を配るようにしましょう。中でもおすすめなのがタウリンです。特に魚介類に多く含まれているアミノ酸の一種で、私たちの体の中では肝臓や肺、各種筋肉などに存在しています。

どうしてタウリンが疲労回復に良いのかというと、血中脂質を改善する効果があるからです。血中脂質は運動をする際のエネルギーとして活躍するもので、体が疲れやすい、あるいは疲れが溜まっている状態だとうまくエネルギーとして変換できない、あるいは体の中に蓄えている脂肪などのエネルギーを血中脂質に変換できない場合があります。

これを効率よくしてくれるので力が入りやすく、バテにくくなるのです。
また、肝臓の機能を高める働きもあります。肝臓は食事や運動などによって体の中に発生してしまった毒素を分解して、体の外に排出するとても大事な働きを持っているのです。

ランニングをすることによって、体内に乳酸をはじめとした有害物質が生成されてしまうのですが、肝臓がこれらを分解してくれるため私達は健康でいられます。しかし疲労が溜まっていると肝臓の機能が低下してしまうので、タウリンで元気にしてあげるのが有効です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ