前脛骨筋はランニングに欠かせないつま先を蹴り上げるための筋肉

ランニングでは様々な筋肉を連動させますが、中でも重要だと言われているのが「前脛骨筋」です。こちらはスネ、いわゆる弁慶の泣き所にある筋肉で、内側から足の甲の部分までつながっていてとても長く、これによってつま先の運動を行えます。

具体的にどの部分なのかを知りたい場合、つま先立ちをすると簡単に分かるところで、つま先立ちをした時に盛り上がる部分が前脛骨筋です。この部分が十分に強化されていないと、スピードのあるランニングを実現するのは難しいでしょう。ランニングではつま先による蹴り上げ運動でスピードを維持しているのです。

つまり、十分に鍛えることができれば、以前よりももっと早く走ることができるようになるとも言えるでしょう。前脛骨筋は普段あまり運動をしていないとすぐに固くなってしまいます。固くなるとランニングでの負担が大きくなり、体の他の部位に負担がかかってしまう場合もあるのです。

また慣れないうちに連続して負担をかけ続けてしまうと足がつり、足首をひねる原因にもなると言われています。そうならないように日頃からきちんとストレッチをしてあげるように心がけましょう。ストレッチはとても簡単です。まず、正座の状態で上体をゆっくりと後ろに倒していきます。

このときひざが浮かないように注意しましょう。しっかりと筋肉が伸びているのを感じながらまた元の姿勢に戻します。トレーニングではつま先立ち運動がおすすめです。トゥレイズというトレーニングで効率よく鍛えられます。かかとを浮かせる、つける、を繰り返すだけなので簡単です。慣れないうちは何かにつかまって行いましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ