骨盤の動きを活性化させるとよい走りにつながる

ランニングに限ったことではありませんが、全てのスポーツ競技において高いパフォーマンスを発揮するためには正しいフォームでの競技が基本で、怪我のリスクの軽減にもつなげることができます。たとえばマラソンでは足だけを前後させるのではなく、骨盤から動かす意識を持って走ると効果的です。

骨盤を中心にして左右の足を振り子のように滑らかに動かせれば好い走りができるのですが、体幹が硬くなっていると骨盤も動けずに足先だけで進もうとする事になり、タイムが伸びない、体力の消耗が激しいといったロスの多い走り方しかできないことになるのです。日頃の生活習慣やトレーニングにおいて動きの改善を心がけると良いでしょう。

足は下半身全体を使って動かすという点がポイントで、腰を回して下半身をリラックスさせるだけでも動きを滑らかにすることができます。体側ストレッチやスクワットによっても動きを活性化させることができますので走る前のウォーミングアップ、インターバル時に実施したり、日常生活の中でも行うと効果的です。

また、走っている時にはやや前傾姿勢になるのがよく、真横から見ると背骨はS字カーブを描いているのが理想です。

これによって大きく足を動かすことができるようになりますので股関節への負担も軽くなります。ランニングをしていて、太ももやふくらはぎにハリを感じてしまうときには、背中が反り返っていたり、後ろに反り返った姿勢になっていることがありますのでフォームのチェックをするとよいかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ