筋肉を鍛えるためのランニング方法もあります

ランニングはアスリート以外では趣味、体力アップ、ダイエットなどの理由で行っている人がほとんどですが、怪我やトラブルなく継続するには筋肉トレーニングも必要です。特に、マラソンへの参加を目標としている場合にはトレーニングは不可欠と言っても良いでしょう。

ウォーミングアップや週に1回か2回位の割合で筋力トレーニングも追加すると安定した走りをすることができるようになります。走るということは主に足に負荷がかかりますが、距離を伸ばしたりスピードをアップするとさらに負荷は増して、足が着地する時の衝撃が筋肉痛の原因ともなります。

足に負担がかかるのはフォームやシューズに原因があるという人もいますが、それが全てではなく筋力が弱いことも原因のひとつです。ランニング初心者が最も痛めやすいのは膝ですが、膝の関節の周りの筋肉は足を動かすためだけではなく膝の保護の役割も持っています。

下半身を鍛えるトレーニングを取り入れることで鍛えることができ、故障のリスクを軽減できるとともに力強い走りができるようになります。たとえば、下半身の強化ができる最もオーソドックスなトレーニングにはスクワットがあり、足全体の強化をすることができる万能の方法ともいえます。

肩幅に足を開いて、両手を頭の後ろに組んで背筋を伸ばし、垂直に上半身を下すのが基本の姿勢です。1セット10回として1日に2セット程度を行います。また、足を前後に開いて行うと特に膝の関節の強化をすることができます。最初から多くの回数をする必要はありません。徐々に回数を増やすようにすると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ