ガンタイムとはスタートのピストルが鳴ってからゴールまでの時間

ガンタイムとはスタートのピストルが鳴らされてから、ゴールラインを駆け抜けるまでの時間の事を言い、公式タイムとして登録されます。別の言い方ではグロスタイムということもあります。

しかし、規模の大きな大会になるほど、スタートラインに着くまでの時間がかかってしまいますので、号砲が鳴らされてから実際にスタートラインを越えるまでには先頭のランナーとは距離でも時間でも大差がついてしまいます。

これでは正しいタイムがわからないばかりでなく不公平感もあることから、ランナーがスタートラインを通過してから計測を始めるネットタイムによる記録を測定できるシステムを採用している大会もあります。

これは、特殊なICチップを靴紐に通すシステムで、スタートライン、コースの途中に数か所、ゴール地点に専用の読み取り装置が設置されていて、全ての参加者の記録を瞬時で記録することができます。

記録は参加者がゴールをすると同時に配布される完走証明書などに記載されていますので、正確なタイムを確認することができるようになっています。
しかし、陸上連盟に登録される記録はグロスタイムと規定されていますので、スタートラインまでに数分が掛かったとしてもその分の時間は考量されません。

もっとも、陸連に登録していないランナーの記録は連盟の公式記録としては残りませんので、特に支障はないものと考えられます。何より有力選手は優先的に最前列にスタート位置を確保することができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ