オブラとは乳酸値が急激に上昇する地点のこと

オブラとは運動によって筋肉に溜まる乳酸が急激に増加する屈曲点の事です。乳酸は一般には疲労物質として認識されている物質で、運動の度合いによって蓄積量が変化します。この物質は日常の生活上では1ミリモル以下のレベルで生成されるのですが、継続して筋肉に負荷をかけると生成量が増加します。

この時に値が4ミリモルとなった地点のことをオプラと呼んでいるのです。乳酸が作られるときには体内の糖がエネルギーとして消費されているのですが、減少することによって脳の活動が低下することから疲労を感じやすくなります。

パフォーマンスは落ちるものの運動を続けられるレベルではありますが、人によっては例えばランニングをしている場合には速度が落ちたり体が動かないとった現象が起こります。この乳酸値の生成地点を測定することで、ダイエットのためのウォーキングやランニングをどのようなペース配分で行えば良いのかを知ることができます。

体に疲労を残さずに運動を行うためには、ペース配分だけでなく乳酸を分解する働きを持つ食品を効率よく摂取するのも効果があります。最も手軽なのがクエン酸で、特に黒酢など熟成させたお酢にはアミノ酸の配合率も豊富なので、疲労の蓄積を予防することができます。

市販のスポーツドリンクにはこのことが考慮されていて、クエン酸やアミノ酸、塩分、ビタミンB群などがバランスよく配合されています。ミネラルウォーターだけで水分補給をするよりも、機能性を持たせたドリンクの方が運動のパフォーマンスの向上に効果を発揮できるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ