エキセントリック筋収縮を鍛えるとダイエットにも効果的

エキセントリック筋収縮とは伸張性筋活動のことで、動作によって負荷がかかった時に筋肉が強制的に伸ばされる状態を指します。対照的な筋肉の動きとして短縮性筋活動と呼ばれるコンセントリック筋収縮があります。

具体的には、買い物などの重い荷物を持ち上げる場合、腕の力は荷物よりも強いため筋肉は伸びて負荷を軽減し伸張性筋活動が行われています。しかし、持ち上げることができなかった場合には、短縮性筋活動が行われているのです。この原理を利用して筋肉トレーニングが行われています。

これは腕の筋肉の例ですが、足の筋肉においても同様のことが言え、ランニングなどの運動をスムーズに行うために両方の原理を取り入れたウエイトトレーニングを行うことで筋力アップをすることができます。ウエイトトレーニングは基本的に無酸素運動で、筋力や心肺機能の向上が可能です。

それにより無酸素運動では体脂肪や内臓脂肪を減らしてのダイエットはできない、と考える人がいるのですが、そもそも筋力の低下が太りやすい体質をつくっている原因のひとつなので、ダイエットを目指している人も有酸素運動だけでなく、無酸素運動もバランスよく取り入れると引き締まったボディを実現することができるのです。

実際のトレーニングにはダンベルやバーベルを用いた本格的な方法もありますが、フィットネスクラブには負荷を調整できる専用のマシンが設置されていますので、比較的、簡単にトレーニングを行うことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ