イミダゾールジペプチドは生活習慣病の予防になる

イミダゾールジペプチドとは、アミノ酸の一種でランニングなどの運動によって発生した乳酸が筋肉の中に蓄積するのを予防する働きを持っており、そして、慢性疲労を予防して疲労回復に効果があるといわれています。

乳酸とは疲労物質であり活性酸素のことで、長時間の運動や労働が原因で体内に蓄積しやすくなる物質です。改善をせずに放置すれば慢性疲労となってしまいますので、早い段階で改善策を施すことが健康維持につながります。

鶏の胸肉の他、マグロ、カツオなどの魚の赤身に多く含まれていますので、食事の献立に加えることで良い効果を得ることができますが、凝縮した成分を補うにはサプリメントなどを利用すると簡単です。

特に、長時間の運動をするような人には凝縮した成分を補給した方が運動能力や持久力をアップさせる事もできます。そのため、疲れた時に摂取するのではなく、普段から疲れにくい肉体にしておくこくと良いでしょう。

運動能力の向上の他には、老化予防にも良い働きをします。抗酸化作用は筋肉だけでなく皮膚や細胞の活性化にも働き、いわゆる老化現象を予防して若々しい肌やボディを保持することができ、また、老廃物の中の尿酸の排泄を促す働きもあることから尿酸値が高めの人に効果があるとされる成分です。

痛風予防として摂取しておくと、その他の生活習慣病の予防策としても効果を発揮しますので、特に中高年層にはなくてはならない成分のひとつと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ