アデノシン三リン酸とは筋肉の収縮に必要な成分

アデノシン三リン酸とは略語ではATPと表記される筋肉に含まれている物質で、分解されるときに発生するエネルギーが筋肉を収縮させる働きをします。この成分は人間だけでなく、動植物や微生物にも含まれているのですが、その量は非常に少ないため、何度も再生を繰り返さなければ継続して収縮をさせることができません。

筋肉が発達すると基礎代謝量が向上してエネルギーの生成が活発となり、ダイエットではこの代謝量が低下することで脂肪が付きやすくなっていることが多いので、食事の制限をするだけではなく、運動もして筋肉を強化することが必要であるといわれています。

つまり、筋肉が鍛えられて強くなると、食事によって摂取した糖質、脂質、タンパク質は、各細胞内で吸収され、エネルギーとして変換され消費されるというクエン酸サイクルがうまく働くようになるため、ウエイトコントロール、疲労の蓄積を予防などがスムーズに行われて健康維持ができるようになるのです。

このような働きを活性化させるためには筋肉だけを鍛えれば十分かと言えば、ストレスや加齢によって体内での生成が不足する成分が多くなることから、サプリメントなどで働きをサポートする効果がある成分を補給することが効果的となります。

たとえば、コンエザイムQ10やα-リポ酸などはその代表的な補酵素で、摂取することでクエン酸サイクルがスムーズに作用しATPが効果的に働くようにサポートをしてくれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ