アップダウンのあるコースで筋力アップをする

ランニングのトレーニングコースにアップダウンを取り入れると心肺機能の強化だけでなく、足の筋力を鍛える効果もあります。

フラットなコースをのんびりとジョギングすることは有酸素運動となり健康効果も高いのですが、少し起伏のあるところを走ることによって、無酸素系の要素が加わりますので、太ももやふくらはきの筋力トレーニングをすることが可能です。

坂道のあるコースを走るというのは初心者には大変ですが、フラットな場所を走った後に、ウエイトトレーニングをする必要がないので、1回の運動でバランスよく下半身を鍛えることができます。スピードは気にせずにペースの維持を心がけることが大切で、たとえ短い時間や距離であっても走りに必要な筋肉を強化できるので一挙両得と言えるでしょう。

また、コースに出るときの注意としては短距離でも水分が補給できるようにすることで、そして、余力があっても欲張ってへとへとになるまで走らないという点も大切です。起伏のあるコースは、毎日ではなく週に数回にとどめるとで体に疲労を残す心配がなくなります。

どうしても毎日走りたい場合には、その他の日はなるべくフラットなコースを選んでください。ダイエットをするという点においても体脂肪と新陳代謝のアップにも起伏のあるコースは効果がありますが、負荷をかけた後は休ませることで筋肉は鍛えられるので、筋肉の疲労を考えると選手でない限りはインターバルを設けた方がよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ