アクティブレストとは積極的に休養をするという意味

疲れている時、前日にハードな活動をしたときには1日中ベッドの中で寝ていたいと考えるのは決して間違っている事ではありませんが、実は病気でもない限り寝ているだけでは疲労の回復をすることはできません。

アクティブレストとは積極的に休養をするという意味で、何もせずに疲れが回復するのを待つのではなく、軽く動いて体の中を活性化させることによって疲労物質を体内から排除できるという考え方で、太陽の日差しを浴びることが大切なのです。

例えば、ハードなトレーニングの後には必ずクールダウンを行って筋肉にたまった乳酸を取り除きます。また、集中して負荷をかけた筋肉もストレッチによってほぐすという事は普通に行われていて、このことは言いかえるなら積極的な疲労回復方法と言えるのです。

ではどの程度の運動が適しているのかと言えば、ウォーキングやゆっくりとした速度でのジョギングなど有酸素系の運動が適しています。時間にしてせいぜい20分前後で十分で、ストレッチなどで凝った筋肉をほぐしてやることも合わせて行うとなお効果的です。

どうしても外に出たくない、あいにく天気が悪いというときにはお風呂でも代用できますから、温泉に行ったつもりになってゆっくりと入浴して筋肉をほぐしてください。乳酸を溜めこまないようにするには、ほぐすことが必要なのです。疲労物質がなくなれば、新陳代謝も正常になり新鮮な血液が栄養分を運んできますので、体をリフレッシュすることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ランニング

このページの先頭へ