アジャスターでいつも正しい位置にバストを合わせましょう

アジャスターはもともと「調整するもの」を意味する言葉で、下着でいえばブラジャーのストラップについている長さ調節用の金具や、ウエストニッパーのホックの段数を増やしたり、ブラジャーのアンダーを長くしたりするための部品をさします。

ブラジャーのストラップにはたいてい調節用の金具が取り付けられていて、いつも適度な長さに調整することができます。長さの調節ができない製品もありますが、そういったものはナイト向けや、あるいはソフトなホールド感を求める人向けのものがほとんどです。

肩ひもの適切な長さは、ブラジャーを正しく着けた状態で、肩と肩ひもの間に人差し指がすっと通る状態です。これ以上短くすると、ブラジャー自体がずり上がってきてしまい、結果として正しく補正できなかったり、せっかくカップの中に入れたお肉が外に出てしまうなど、バストの型くずれの原因になります。

肩ひものずれ落ちを気にして短く調節し、ブラジャーを背負っているような付け方はNGです。下着についている機能にもよりますが、両側のバストトップと鎖骨の中心を結んだ三角形が正三角形になるように、トップの高さを調整します。このシルエットが、理想のバストなのです。

下着屋さんで購入するときは試着の際に店員さんがきちんと調整してくれるのですが、やはり使用と洗濯を重ねるにつれて生地が伸び、微調整が必要になってきます。アジャスターが前についているタイプならばその都度調節できます。後ろについている製品では、面倒でも着けたり外したりしながらするほうが、よりきれいなバストの形を維持できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:補正下着

このページの先頭へ