マルシマとは、マクロビオティックを概念とした自然食品のメーカ―

マルシマは食品メーカーです。ダイエットや健康法としてマクロビオティックを実践する方も多いでしょう。マルシマの創業者は、いち早くこのマクロビオティックに注目し、それが会社を立ち上げるための原点となりました。

マクロビオティックは3つの基本理念の基に成り立つ健康法です。一つは、身土不二であり、それは自分が現在生活している環境と同じ状況で育っている食物を頂くことを意味します。これは地産地消、旬の物を食べる考え方に通じます。食べ物はとりたての物が、鮮度も高く旨みも栄養価も高いのです。

一物全体とは、食物は全体でバランスがとれているものであり、一部を食べるだけではそれを食べる体のバランスも崩れてしまうということです。例えば日常的に良く口にする砂糖や、お米は精製されてしまっている物がほとんどで、本来は精製前の米や砂糖に含まれる豊富な栄養成分が、精製過程で失われているのです。

陰陽の調和とは、全ての物に陰と陽があり、そのバランスを保つことの重要性を意味しています。この理念に基づいて、自然本来の食材をそのまま生かした食品作りにいそしんでいます。

多数の商品を製造販売していますが、日本人に馴染みの深い調味料である醤油も、数種類を手掛けているのです。国産有機しょうゆという商品は、国内で有機栽培された大豆を原料としており、さらに国内で同じく有機栽培された小麦を天日干しで作られた塩を使って仕込んでいるのです。自然の素材を生かし、手間をかけて商品作りを行っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:メーカー・ブランド

このページの先頭へ