ポンパドールとは、ドイツの老舗メーカーのハーブティーブランド

ポンパドールとは、ハーブティーのブランドで、今ではそれほど珍しくなくなったハーブティーですが、それを日本に先駆けて紹介したのが、現在日本でこのブランドの販売を手掛けている日本緑茶センターです。ポンパドールとは、もともとは創業125周年を迎えるドイツの大手老舗メーカ―のブランドです。

手掛けているお茶の種類も豊富であること、製法にこだわりを持っており、色や味を最大限引き出せるように作られていることから、世界中のハーブ愛好家からも愛されています。日本でもインターネット通販や、一部のスーパー、輸入雑貨を扱うお店にて購入できるでしょう。

日本人にも人気のある商品としては、ローズヒップ&ハイビスカスフラワーという種類があります。ローズヒップもハイビスカスも豊富なビタミンCを含む植物として有名です。少し酸味のある味わいが疲れた体と心を癒してくれ、酸味が苦手な方は、はちみつを入れると飲みやすくなるでしょう。

ペパーミントティーも良く飲まれるようになったお茶の一種で、ポンパドールでも、ペパーミントリーフという種類を販売しています。ペパーミントは爽快感が強く殺菌力にも優れていますから、においの強い物を食べた後、リフレッシュの目的で飲むと口の中がすっきりとするでしょう。

ジンジャーティーは、冷えの改善を助けてくれます。温め効果抜群の食材として、生姜が注目されています。それをビタミンCたっぷりのレモンと組み合わせることでさわやかな味付けに仕上がるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:メーカー・ブランド

このページの先頭へ