ハキラはオーバルゲンDC配合の歯の健康を守るシリーズです

ハキラは、ビーンスターク・スノーから発売されている、赤ちゃんから大人まで誰でも食べられるタブレットです。歯磨きのあとやおやつとしていつでも食べることができますし、万が一乳幼児が喉に詰まらせても、完全には気道をふさがないように形状が工夫されています。

砂糖は含まずマルチトールとキシリトールの甘みなので、歯磨き後に食べても虫歯の原因にはなりません。またカロリーも低く脂肪にもなりづらいので、ダイエット中口寂しいときにも摂れます。

虫歯の原因は、ミュータンス菌が口の中に住み着くところから始まりますが、実は初めに菌が赤ちゃんの口に入るのは、大人からの感染なのです。この商品は、虫歯菌の出す酵素に反応し、菌の繁殖を抑える物質を配合しています。それがオーバルゲンDCです。大人も子どももともにこのタブレットを摂取することで、家族の口の中の健康を維持できるのです。

オーバルゲンDCは、虫歯菌をニワトリに接種し、そのニワトリの産んだ卵の卵黄から作られています。その粉末がそのまま入っているので、卵アレルギーの人には使えません。
また歯磨きジェルも発売されています。歯磨きをいやがりやすい小さい子どものために、リンゴとブルーベリーの2種類のフレーバーが用意されています。

フッ素が子どもの歯を守り、そして研磨剤や発泡剤が配合されていないため仕上げの際も汚れの状態を見やすく、また子どもの歯を傷つけないようにできています。
毎食後の歯磨きと、1日1?3個のタブレットを食べることを習慣化し、子どもの虫歯の発症をできる限り抑えましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:メーカー・ブランド

このページの先頭へ