ニュークリアは良質のDNAとRNA、ビタミンCを豊富に含んでいます

ニュークリアは日産化学工業が製造している、核酸を配合して作られたサプリメントです。サケの白子から抽出されたDNAと食用酵母から抽出されたRNAを配合してあり、顆粒状の商品と粒状の商品が発売されています。サケの白子は特にDNAを豊富に含む原料であり、DNAを使ったサプリメントの原料にもよく採用されています。

核酸の健康食品への利用は1970年代後半からなされているのですが、体内でどのように働くかは詳しくまだ分かっていないところが多いです。ただ、L-アルギニンと一緒に摂ったときには免疫機能のアップや傷からの回復が早まるなどの現象が見られたというデータもあります。

顆粒状の「ニュークリアゴールド」は、ショ糖、ビタミンC、鮭白子抽出物、食用酵母抽出物、ゼラチンと極めてシンプルな原材料で作られています。中でもビタミンCは1日量あたり1,000mg以上含まれ、これだけで十分所要量を摂取できてしまいます。そしてDNA相当量とRNA相当量がそれぞれ200mgです。

この商品は飲みやすさを考慮しこういった組成になったのですが、ビタミンCの酸っぱさが際立ったり、鮭の白子の精製方法から生臭さが製品に残ってしまったり、顆粒の口残りが多かったりしたので、そこを改善したのが錠剤である「ニュークリア核酸」です。

核酸の含有量をそれぞれ1.2倍の240mgとし、精製方法を変えて生臭さを最低限に押さえ、そして飲みやすくしました。ビタミンCは1日あたり360mgまで減りましたが、それでも1日の所要量を超えます。ビタミンC摂取用としても十分使える商品です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:メーカー・ブランド

このページの先頭へ