下川はちみつのゆず茶でダイエットに効果的なビタミンCを摂取

下川はちみつは、福岡県の八女市にある下川養蜂場で製造されている無添加のハチミツです。年間で6トンから7トンもの蜂巣を収穫し、採集したハチミツを生のまま瓶詰めするため、天然のロイヤルゼリーとビタミンが豊富な、高品質の商品が人気を呼んでいます。

下川はちみつの商品の中でも、大分県日田津江村産の柚子国産のゆずを使用してつくられたゆず茶が人気です。ゆずの皮のビタミンCは豊富であり、果汁にはリンゴ酸やクエン酸などが含まれています。

手軽においしくビタミンCが摂取できるのに加えて、お湯で割って飲めば、体を内側から温める効果もあるのです。下川はちみつのゆず茶には柚子の皮がたくさん入っており、柚子の苦味もうまく消えていて、甘い風味が飲みやすさをアップさせています。

柚子皮に豊富に含まれるビタミンCは、高い抗酸化作用を持つ成分です。美肌や細胞の老化防止など、多くの健康効果を持つ成分として知られていますが、人間が体内でつくることはできません。ビタミンCを健康に役立てるには、食事やサプリメントで体外から摂取することが必要となるのです。

ビタミンCには、鉄分の吸収を促す効果もあり、女性のダイエットに起こりやすい鉄欠乏性貧血を防ぐためにも、鉄分と合わせて摂取したい成分です。また、脂肪を燃焼させるために必要なカルニチンの合成を助けるはたらきも持っているため、ビタミンCは、ダイエットに効果的な成分であるといえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:メーカー・ブランド

このページの先頭へ