コッカスとは腸内に存在する善玉菌の一種である

コッカスとは腸内に存在する善玉菌のことです。腸内には、100兆個もの細菌が存在しており、その働きに応じて、善玉菌と悪玉菌に分けられ、前者は腸にとって良い働きを行ってくれるのに対して、後者は健康を害するような作用を及ぼします。それぞれ生存バランスを保つことで、適切な環境を維持できるのです。

善玉菌の働きを優位にさせることで、健康効果が期待できます。
まず、デトックス効果がアップします。消化された食べ物は、最終的には腸にたどり着いて吸収され、そこで不用になった老廃物は、便として外に出されるのですが、腸が適切に働かなければそこにとどまったままになります。

老廃物が長時間留まると、それに含まれている毒素が、次第に体に吸収されてしまうのです。それが病気や体調不良の原因になります。また毒素が内臓の働きも弱めてしまうために、代謝も落ちてしまうでしょう。善玉菌は便の排出を促してくれるので、その数が増えると便通が改善します。

そのおかげで代謝もアップし、免疫機能も高まり病気になりにくい体が作られるのです。
善玉菌の働きをサポートするのに、それが働いてくれるでしょう。これをとることで腸内にあるコッカス菌の量が、大幅に増えるのです。

それが配合されている健康食品やドリンクの種類が、多く出ています。その菌だけでなく、ビタミンやミネラルなどの他の栄養成分が添加されている商品もあり、どれも少しお値段は高めですが、腸の健康維持に役立つでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:メーカー・ブランド

このページの先頭へ