大塚製薬のエクエルで40代女性のゆらぎがちな不調を整える

大塚製薬のエクエル(EQUELLE)は大豆を乳酸菌で発酵させて作った錠剤の健康食品です。特に女性は40代を過ぎると女性ホルモンであるエストロゲンが減少しはじめ、カラダに不調を感じることがあり、波のように訪れるゆらぎがあります。

ゆらぎの不調には朝の寝起きが悪くやる気が起きない、日常動作で突然動悸がする、物忘れが多くなった、ちょっとしたことにイライラする、お風呂上りや立ち上がる際のめまい、夜の寝つきが悪いなどの症状がありますが、そうした不調を悩んだりストレスになる場合には、穏やかに過ごすための方法が必要です。

エクエルに配合されている大豆由来の機能性成分S-エクオールがエストロゲンによく似た働きをすることによってゆらぎがちな不調を穏やかにします。
これまで広く知られていた女性のこうした不調には大豆イソフラボンが期待され、メディアなどでは納豆や豆乳などが話題になっていました。

ゆらぎに関する研究は続けられており、どうやら大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分が腸内菌をきっかけに、エクオールに変換されて生み出されるということがわかりました。このエクオールが従来よりもエストロゲンに似た働きをすると言われています。

以上を踏まえ、エクエルを服用する際には含有エクオールと大豆イソフラボンの総量は確認しましょう。ほかのイソフラボンを含む特定保健用食品と併用することで、過剰摂取になってしまうので注意が必要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:メーカー・ブランド

このページの先頭へ