旭松食品がつくる低カロリー食品でダイエット

昭和25年に長野で創業した旭松食品は、栄養豊かな大豆を主原料とした数多くの商品を市場に送り出してきました。日本で古くから親しまれてきた高野豆腐の味わいを、現代でも手軽に食べられるようアレンジした商品が人気を呼んでいます。

旭松食品は、健康や美容に気を使う消費者のニーズに応える低カロリーの即席食品を取り扱っており、ダイエット中の食事制限や置き換え食として人気です。お湯を注ぐだけの簡単調理で食べられるスープ春雨は、その手軽さとカロリーの低さで高い人気を誇っています。

袋タイプとカップタイプがあり、カップタイプは、ゴマの風味を生かした味噌ベースの坦々風、ポークやチキンをベースとしたホタテ風味のまろやかな白湯風、野菜エキスと鰹などの旨味が効いた中華風です。袋タイプは、これら3種類の他にチゲ風・海鮮風・わかめの3種類を加えて6種類を詰め合わせた12食入りのものもあります。

低カロリーの食品によるダイエットの他にも、旭松食品が主として扱っている高野豆腐も、ダイエット食として優秀です。活動量が減少する夕方~夜にかけて炭水化物を減らすことがダイエットにつながるといわれていますが、夜に食事の量を減らすと、寝るまでにおなかがすいてしまうという人も多いのではないでしょうか。

そこで、炭水化物を減らした分を高野豆腐を使った料理に置き換えて、満腹感を得ることで夜の食べすぎを防ぐのが高野豆腐ダイエットです。汁物などの水分と組み合わせて取ることで、より満腹感が増します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:メーカー・ブランド

このページの先頭へ