土からこだわって作られた荒畑園のお茶でカテキンダイエット

荒畑園は、さまざまなお茶と、それに合う菓子、関連商品を販売するメーカーです。強い茶樹を育てるための土にこだわっており、土づくりがおいしい茶葉を育てるという理念に基づいて栽培に取り組んでいます。

お茶の名産地とされる静岡の中でも、特に肥沃な土壌を抱える牧の原台地で、長い日照時間によりふんだんに太陽の光を浴びて育った肉厚で大きい茶葉を、通常の4倍ほどの場外時間をかけて蒸すことで、苦味が減り、甘みのあるまろやかなお茶に仕上がるのです。

土へのこだわりは、茶草場農法と呼ばれる昔ながらの農法や、もみがら堆肥による自然サイクルの再現に表れています。茶草場農法は、刈った草を細かくして畑に敷き、保温効果や天然の肥料として役立ちますが、手間のかかる農法です。もみがら堆肥は、茶畑に保温力と保湿力を与え、微生物の生命力豊富な土壌へと導きます。

お茶に含まれるカテキンは、抗酸化作用や体脂肪を減らすはたらきがあり、CMで有名な体脂肪に働きかける飲料茶などの影響で人気が出たのがカテキンダイエットです。

小腸内の余分なコレステロール・脂肪を排出する効果があり、油分の多い食事をとる際には、お茶を一緒に飲むと良いとも言われています。また、炭水化物をブドウ糖に分解する酵素のはたらきを邪魔して、血糖値の上昇を防ぐ成分です。

このため、甘いものを食べる際にも、一緒に飲むことで、脂肪細胞にブドウ糖が蓄えられるのを防ぎます。さらに、お茶のカロリーはゼロなので、日常的に飲んでいる甘味飲料を置き換えるだけで、カロリー制限にもつながる手軽なダイエットなのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:メーカー・ブランド

このページの先頭へ