アクトケアのビフィズス菌末BB536は便秘解消や介護用品として注目

アクトケアのビフィズス菌末BB536という商品があります。このブランド自体は主に介護用の流動食、嚥下食や栄養補助食品を販売する通販サイトで、クリニコ社により運営されていますが、食品大手森永乳業のグループ企業です。

主に介護用の食品を販売しており、会社設立の背景には介護における食事の大切さや喜びを伝えるという目的があります。そこで発売されているビフィズス菌末BB536は、排泄物の匂いケアとしても、人気が高いのですが便秘の解消を助けるサプリメントしても大変注目されています。

森永乳業の長年の歴史の中で研究され続けた体内で死なないビフィズス菌が、行きたまま腸に届き作用するので、便秘が解消され・体がスッキリしたといった口コミが多く寄せられています。また、アクトケアでは、食欲は人間の三大欲の一つであり、それにより心が満たされ生きるために必要な栄養分を補給しています。

介護を受けている人にとっても食事はとても重要であり、食べることのよろこびが、生きる活力につながっているのです。誰にでも、おいしくて安全な物を食べてもらえるような製品作りを心がけるという精神のもと、様々な商品を展開しています。

商品の特徴は、味にこだわって作られていることです。介護用に限らず、料理はその場で調理されたものではないと、新鮮で美味しい食材を使っても味や鮮度が落ちてしまうでしょう。

その鮮度を保つために、森永乳業が独自で開発した保存方法を採用しています。そのおかげでできたてのフレッシュ感が保たれて、パックを開けてからもおいしくいただけるのです。そして毎日食べても飽きないように、フレーバーの種類を増やしています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:メーカー・ブランド

このページの先頭へ