高齢化社会において重要な介護予防を考える

介護予防とは、要介護状態になるのをできる限り防ぐまたは遅くすることや、要介護状態になったときにその悪化を防ぎ軽減することを目的として行われる取り組みを指しています。高齢化社会となった日本国内において、介護の問題はとても身近な題材と言えるでしょう。

条件に該当する高齢者だけでなく、多くの人がこうした取り組みについて知識を身に着けておくことが重要なのです。
年を重ねるにつれて、あまり外に出歩かなくなったり他人と接する機会が少なくなると、活動量が減ってしまいます。

その結果、身体機能や精神的な活力が低下してしまい、自分らしい生活を維持することができなくなってしまうのです。これを防ぐためには、自らが積極的に地域の活動や交流に参加して、自己実現を果たすことが求められます。

また、積極的な活動によって精神的な活力を得る一方で、身体機能の低下を防ぐために継続した運動を行うことも求められるのです。

一部のスポーツクラブでは、こうした介護予防のためのプログラムが設けられています。豊富な経験を持つインストラクターによる安全で効果的な指導を受けることができ、スポーツクラブでのレッスンノウハウを生かした楽しみながら続けられるプログラムが特徴的です。

特に高齢者にとって大きな問題となる転倒予防のためのプログラムは、筋力の維持やバランス能力の維持、下肢可動域の向上などを、シンプルなエクササイズで効果が得られるように計算されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ