ベビー・マタニティの運動プログラムによる効果

一家庭における子どもの数は減少傾向にありますが、そのため子ども一人にかける時間や教育の割合などは増加傾向にあり、幼少期だけでなく妊娠中や乳児期にもその傾向は見られます。

スポーツクラブなどの施設でも、スタジオプログラムや期間を設けたスクールなどでも、ベビー・マタニティに関するクラスを開設しているところが多く見られるようになってきました。赤ちゃんは生命力に満ち溢れており、成長しようとする力はとても強いのです。そこで、その力を十分に育てていくためにベビー・マタニティのフィットネスがあります。

病気や栄養に対する心配りも大切な育児の一つですが、赤ちゃんと母親のスキンシップも発達のための大切な要素です。ベビーマッサージなどによるスキンシップをとることにより、赤ちゃんは情緒が安定し、リラックスしてよく眠るようになるというメリットがあります。

同じく母親にもリラックス効果があり、ストレスホルモンの濃度が下がると言われているのです。その他にも、赤ちゃんの自然な運動発達を促して神経系やホルモン系の機能を活発にしたり、免疫力を高める効果もあります。

専用のプログラムはアクアスクールにもあり、特に妊娠5ヶ月以上の安定期に入った妊婦のためのマタニティスイミングスクールなどは水中で運動するため、おなかが大きくなっても体にかかる負担を減らすことができるので人気です。胎児と母体の両方が健やかに過ごしていくために、必要な運動ができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ