インドアスポーツのスカッシュの人気の高まり

インドアスポーツのひとつであるスカッシュは、ラケットを用いて行う球技のひとつです。四方を壁に囲まれたコートで行い、握りつぶせるゴム製のボールを使用するため、英語で押しつぶすを意味する単語に由来して名づけられました。

シングルスの2名ないしはダブルスの4名で行う競技であり、交互にボールを打ち合い得点を競います。同じくラケットも用いて行うテニスとは違い、相手に打ち返すのではなく壁に向かってボールを打つため、すべてのプレーヤーが同じ方向を向いてコートに立つことになるのです。

そのため競技規則として、相手がボールを打ち返すことを邪魔してはならないと決められています。発祥の地はロンドンであるとされており、19世紀初頭に囚人たちが塀に囲まれた空間を利用してボールを打ち合うようになったものが後にこう呼ばれるようになりました。

欧米ではメジャーなスポーツのひとつで、日本でも全日本学生スカッシュ選手権などが行われており、競技人口は増加傾向にあります。競技人口の増加に伴って、スポーツクラブでもスカッシュのスクールやプログラムを開設しているところは少なくありません。

専用コートを持つスポーツクラブは、キッズスクールを開設している場合も多く、将来的にますます人気の高まりを感じさせるスポーツを子どもの内から習わせたいと考える保護者も多いのです。ほとんどのスポーツクラブにおいては専門の指導者を置いているため、初心者からレベルアップを望む上級者まで自分に合わせて楽しむことができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ