ダイエット・メタボリック改善のための運動

肥満が著しく健康を阻害することが周知され、健康のためにダイエット・メタボリック改善について考える人も増えてきました。

また、高血圧や糖尿病など日本人の成人に多い生活習慣病を予防するためにも運動が効果的であるとされており、今までスポーツなどに関わってこなかった人たちの間にも習慣的な運動を実践する人が増えているのです。

中年の男性に多いとされている肥満の種類で、おなか周りがぽっこりと出っ張ってしまう内臓脂肪型肥満と、高血糖・高血圧・高脂血症のいずれか2つ以上を併せ持った状態の事を指して、メタボリックシンドロームといいます。

内臓脂肪型肥満は男性で腹囲85センチ以上、女性で腹囲90センチ以上を判断基準としています。昔の日本にはあまり見られなかった症状ですが、日本でも食生活の欧米化に伴い罹患する人が増えてきました。現在では健康診査の際に腹囲の計測などが行われ、早期発見に役立っています。

症状が顕著に現れる人が増えてきたことによって、それに対応するためダイエット・メタボリック改善に特化したエクササイズプログラムも出てきました。スポーツクラブなどでは、グループやパーソナルレッスンでリバウンドしにくい身体を目指すための指導が受けられるところもあります。

身体計測から食事指導や有酸素運動を中心としたダイエットプログラムまで、個々の能力に合わせて太りにくい身体づくりのエクササイズが受けられるのです。プロの指導を受けることによって、自己流で行うよりも高い効果の得られる運動になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ