中国伝統の民間療法である気功は身体機能を高めます

気功では、主に心身のリラックスが基本です。中国伝統の民間療法であり、日本では特に規制がないので、各流派の自由な交流によって武術や臨床心理療法などに発展してきました。

日本独自の分類法として、健康面に関して病気治癒といった健康や美容のために実践されるものと、相手を倒すための護身術などに分けられています。発祥の地である中国では数千種類が存在し、体操や呼吸法による練習方法や瞑想などのイメージトレーニングなど、多種多様な種類によって練習法もさまざまです。

気功は多くの種類が存在するため、その効果についてもさまざまなものが挙げられます。まず、心身ともに穏やかになることで得られるのが、血圧を下げる作用です。次に、横隔膜の活動幅が大きくなることで胃腸が活発になり、消化機能や便通に良い効果が得られます。

そして、姿勢や呼吸・意識を調和することを重んじるため、静かな精神状態を維持することができ、精神的な疲労を引き起こす大脳の興奮状態を抑制し、中枢神経のスムーズな働きへとつながるのです。いずれも継続して行うことが大切であり、続けていくことで身体機能を調整する作用が正常化されていきます。

スポーツクラブのスタジオレッスンでも、太極拳や健康呼吸法の中で気功をマスターすることができます。そのため、トレーニングプログラムの中に組み込まれている場合も多く見られ、運動強度の強いトレーニングなどに比べても引けをとらない人気の高さを伺わせています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ