キッズスイミングスクールに通うことで得られるメリット

子どもの習い事が当たり前となった現代の日本において、人気の高い習い事の一つといえばキッズスイミングです。水泳は多くの小学校で体育の授業として行われる他に、健康や体力づくりに効果的であるとして、成長期を迎えた子どもを持つ親から支持を得ています。

子どもの発育発達曲線によると、神経系は12歳までにほぼ100パーセントが発達するとされており、さまざまな神経回路が形成されていく大切な時期なのです。そのため、この時期に身に着けた動きは成長しても忘れることはないとされています。

ですから、泳ぎのフォームや水の中で身体を操る感覚を体得するために、子どものうちに習うことができるキッズスイミングスクールが人気を博しているのです。
キッズスイミングスクールに通うメリットはとても多く、水の抵抗や水圧は成長期の丈夫な身体づくりに重要な血液循環や呼吸器官を活性化させます。

また、水泳は全身運動なので筋肉がバランスよく鍛えられるため、近年問題視されている子どもの姿勢を改善する効果もあるのです。陸上での運動では足にかかる負担が大きく子どもの関節に影響を与える場合がありますが、スイミングでは水の浮力によって手足から腹筋、背筋などさまざまな筋肉を偏りなく使うことができます。

さらに、冷たい水が皮膚や免疫系を刺激するため、身体の抵抗力を強化して風邪などをひきにくい丈夫な身体を作るのです。こうしたキッズスイミングの効果が、人気の理由となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ