足の筋肉を鍛えて老化現象を回避する方法について

日常的に歩く機会が少なかったり、運動が足りていないと、筋力が低下して様々な病気の原因となることがあります。病気にならなくても、疲れやすい、息切れがするなどの自覚症状を感じることもあるでしょう。例えば、何もない平らな所でよくつまずく、足がむくんでいる、体の末端が冷たいなどが代表的な老化現象です。

早期にトレーニングを開始すれば、少なくとも加齢による老化現象を回避することが可能です。足は第二の心臓とも呼ばれていることから、筋肉が強化されれば心臓に新鮮な血液を送る力もアップしますので、健康にも良い影響があります。

自宅でトレーニングを行うのならば、椅子に座った状態で膝を高く上げて足踏みをしたり、椅子に浅く腰掛けた状態で片方の脚を床と水平にのばしてキープしたりを毎日継続して行うことで、筋力の低下を予防することができます。ストレッチを行わなくても、毎日ウォーキングをするだけで筋肉は自然と鍛えられるのです。

腰やひざに特に支障がない場合には、積極的に歩くのが最も手っ取り早く簡単な改善方法でしょう。スポーツジムに通っているのならば、バイクやウォーキングマシンなどの有酸素運動で下半身を鍛えるのが効果的です。

多くの有酸素系のマシンにはモニタがついていますので、DVDを見たり音楽を聴いたりしながらトレーニングができ、楽しく筋力の強化をすることができます。しかし、ジムには毎日通うことはなかなかできませんので、その間はなるべく歩くことを心がけるとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ