プッシュアップは腕立て伏せのことで手の幅で負荷がかわる

プッシュアップとは腕立て伏臥腕屈伸のことで、簡単に言えば腕立て伏せのことです。基本のトレーニング方法は、うつ伏せになって腕を肩幅に開いてつま先を床に付けますが、こちらは手のひらを床に付け、肘を曲げてスタンバイします。手のひらで床を押すようにして、肘を伸ばして体を上下させてトレーニングをします。

手の幅によって負荷がかかる部位が異なるのが特徴となっているため、筋力アップできる筋肉は複数あります。例えば、幅を広くして実施すると大胸筋に負荷をかけることができますし、幅を狭くすると腕の裏側にある上腕三頭筋を鍛える効果があります。

背筋を伸ばして、かかとから頭までが一直線になるように姿勢を維持しながら実行することが、確実に効果を上げるためのコツです。正しい姿勢で実施すると目指す筋肉に負荷がかかっていることが確認できるので、楽に動作ができている場合にはフォームの再点検をするとよいでしょう。

さらに、バリエーションとして足をベンチに乗せて高くしたり、バランスボールに足を乗せたり、片手で実施する方法もあります。さらに器具を使用した方法には金属製のフレームのグリップを握って行なうプッシュアップバーやトレーニングチューブ、ウエイトジャケットの着用によって負荷を高くして筋力を鍛えることもできます。

体力測定などでは一定の時間内に何回できるかなど、スピード競技のように取扱われることが多いです。しかし筋力アップとして利用する場合には、できるだけゆっくりと動作をする方が、筋肉を鍛える効果が高くなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ