ワンレッグスクワットはバランスに注意をして実施する

ワンレッグスクワットとは、片足で実施するスクワット運動を指し、下半身の筋肉のうち大腿四頭筋と大臀筋を強固にすることができます。シングルレッグスクワットと呼ぶこともあります。

効果としては、余分な脂肪を燃焼しやすくし、弱っている筋肉の強化を行うことができる他、新陳代謝がアップするため余分な脂肪が燃焼されやすくなるため、下半身痩せの方法として利用されています。

片足で実施するため負荷をかけやすい方法ですが、重心が片側に偏りやすくバランスがとりにくいので、場合によっては刺激を目標とする部位に集中させにくい可能性もあります。具体的には、体幹をまっすぐにして膝を上げて片足で立ち、バランスを取りながら両手は腰に置くか前に出します。

浮かせている足が床に触れないように注意して、ゆっくりと腰を下ろしましょう。下まで完全に下げてしまうと元の姿勢に戻しにくくなるので、腰を落とす位置が低いほど負荷が多くかかり、筋力アップの効果は高くなります。深くしゃがんでしまうと元に戻りにくくなるので、軸にしている足に負荷がかかった位置で十分です。

片足でバランスをとってエクササイズをするのが厳しい場合には、壁を支えにして実施しても効果を得ることができます。トレーニングは片側が済んだらもう片側も同様に実施をして、バランスよく筋力をアップさせましょう。両側のバランスが悪いと、血行や基礎代謝の改善がうまく行えないことがあるので注意してください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ