ハンギングレッグレイズはぶら下がって行う運動

数ある腹筋の方法の中でも、特に難度が高いのがハンギングレッグレイズです。ハンギングの名称の通り、器具にぶら下がることによってトレーニングしますが、腹直筋、腸腰筋、内腹斜筋、外腹斜筋を鍛えることができます。

トレーニングでは、パワーラックなどの専用器具のバーにぶら下がってV字になるように両足をゆっくりと持ち上げ、姿勢を保持して腹部の筋肉を強化します。やり方はとてもシンプルですが、ポイントを押さえて実行することで効果的に鍛えることができる方法です。

この時、上半身は極力動かさないことで、反動をつけて足を上げても、腹筋に負荷がかかりにくくなってしまいます。また、負荷を高くして鍛えるには、足を上げる高さを変えることです。通常はV字になることを意識しますが、足が頭の上を超える位置まで上げるとより負荷がかかりやすくなります。

頭の位置と同じぐらいの場合には腸腰筋には効果的ですが、腹直筋にまでは刺激が到達できないので、足の位置は高くするほど筋力アップができるということになります。トレーニングに慣れてきて足を上げるだけでは物足りなくなってきたら、アンクルウェイトをつけて負荷を高くして行うという方法もあります。

足が上がりにくくなりますが、頭の上まで上げることが出れば大きく負荷をかけることができ、筋力強化に効果的です。また、バーを持つには握力が必要ですが、不安な人はリストストラップでバーに手首を固定することができるので、腹筋に意識を集中してトレーニングをすることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ