レッグレイズは下っ腹を凹ます効果のあるトレーニング

レッグレイズは、下腹部の筋力をアップできるトレーニングです。下っ腹が出てしまう原因のひとつは、内臓を支える筋力の低下です。それによって内臓が全体に下垂気味になり、空いた空間に皮下脂肪が溜まってしまうという悪循環に陥ることによって、腹部全体が締まりのない状態になるのです。

このトレーニングを行うには、まずは平らな面に仰向けになり両足を伸ばします。手は頭の後ろに組む場合もありますが、腹筋に負荷がかかっていることを確認するためには、お腹に手を当ててスタンバイしましょう。

次に、息を吐きながらV字になるように足と上半身を同時に持ち上げ、お腹が緊張していることを確かめます。そして、息を吸いながらゆっくりと足と上半身を床ぎりぎりまで戻して縮めた腹直筋を伸ばしますが、床面にまで下ろさずに再びV字を作ります。

これを数回繰り返して、トレーニングを実施してください。正しく負荷がかかっていれば下腹部が固くなっていることが確認できますが、太ももが緊張している場合には、フォームが間違っている可能性があります。

トレーニングとして効果的な回数は、目的によって異なります。例えば筋力アップを目標としている場合には、1セットの回数はもう上がらないと感じる回数を3セット程度行うと効果があります。

10回実行しても楽にエクササイズができるようでは、刺激不足なのでさらに回数を増やします。一方、シェイプアップを目的としている場合には、10回を1セットとして、3セット程度実施するのが適しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ