サイドベンドは腹部の筋肉を鍛えるウエイトトレーニング

サイドベンドはウエイトトレーニングのひとつで、外腹斜筋や内腹斜筋を鍛えることができます。腹筋が劣化すると内臓が下垂をしたり、脂肪が溜まりやすくなるなど、健康にあまり良い影響を与えません。

しかし、お腹のたるみや腹筋は意識をして負荷を与えなければ鍛えにくい部位であるため、気になっていても放置してしまいがちです。根気よく継続してトレーニングをすれば確実にボディラインを変えることができるので、正しいフォームを修得して実践するとよいでしょう。

このサイドベンドでレーニングをする器具として、ダンベル、マシンなとがあります。例えばダンベルを使用した方法では、足の幅は肩幅に開いて立ち、片手にウエイトをぶら下げた状態で持ち、もう一方の手は腰に置いてスタンバイします。

次に息を吸いながら、下半身の位置をキープしてウエイトを持っている方に上半身を倒しますが、この時、脇腹に負荷がかかって圧縮され、反対側は伸びていることを確認してください。次に、ウエイトを持っている手を体側に沿って持ち上げながら反対側に上半身を傾けましょう。

ウエイトを持ち替えて、左右をバランスよくトレーニングします。マシンを利用する場合には、スミスマシン、ロープーリーで筋力アップをすることができます。

特別な器具がなくても家庭でエクササイズを実行すれば、引き締まった腹部を作ることは可能です。その場合には、水の入ったペットボトル、チューブなど身の回りにあるもので代用できますので、鍛えるチャンスはどこにでもあると言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ