プローンローリングは腹筋を鍛えるための器具

ウエストやお腹の筋肉がたるんだときには腹筋運動で改善をするのが一般的ですが、専用の器具を使用する方法もあります。プローンローリングがその器具で、バーベルについているウエイトの両側に持ち手がついているような形をしています。

スリムローラーをはじめとする、別の名称でも知られています。腹直筋だけでなく大胸筋、広背筋、内腹斜筋、外腹斜筋の筋力も同時にアップさせることができます。
使い方は簡単で、床に器具を置いてハンドルを握って腕立て伏せの態勢になってスタンバイします。

体重をグリップにかけながら、床の上を体の中心からずれないように転がしてください。腕を引いたり、押し出したりするのですが、体が床面と平行になるまで転がすと、腹面に負荷がかかっているのを確認することができます。しかし、腹筋が弱い人や初心者は十分に転がすことができずに、伸ばした後に元に戻せない人もいます。

その場合には、膝をついて四つんばいの姿勢で操作をしても筋力アップの効果を得ることができます。腕は伸ばしたまま行うのがコツで、体を伸ばしきったポジションで数秒静止をすると筋肉に程よく刺激が伝わって、筋力アップの効果が高まるでしょう。

スポーツジムで行うトレーニングでも活用されていますが、自分の身長分のスペースさえあれば簡単に取り扱いができますので、自宅でのトレーニング用としても最適です。ただし、体重をかけて行いますので、床床面にマットなどを敷いて行うと傷予防や騒音の防止にもなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ