ケーブルカールは上腕二頭筋を鍛えることができるマシン

ウエイトトレーニングにはマシンを利用した方法があり、ケーブルカールは数ある種類のひとつで、上腕二頭筋を鍛えることができます。ウエイトの調整はピンの位置によって行えることから、その日の体調などに応じて負荷を変えてエクササイズをすることができます。

上腕二頭筋を鍛えると、拳を握って上腕に力を込めたときに立派な力瘤を作ることができるようになります。筋力アップは外見上の見栄えが良くなるだけでなく、代謝力のアップにもつながるため、体の中から健康的で引き締まったボディメイクができます。

方法としては、まずマシンのケーブにバーを設置し、支点と相対するように立ってスタンバイしましょう。足は肩幅に開き、背筋を伸ばしてバーをアンダーグリップで握ってください。スタートフォーム時の手の幅は肩幅にして、両脇が開かないように引き締めます。

肘の位置を保持したまま顎に向かってカールした後、ゆっくりと元の位置に戻しましょう。負荷はピンの位置だけでなく、マシンとの距離によってもかかり方が異なります。人によってリーチの長さが異なりますので、立ち位置を変えてみて最も上腕に刺激がかかる位置を見つけると、トレーニングの効果が得やすくなります。

通常はゆっくりと負荷をかけながら行うトレーニングですが、ウエイトを重くしてリズミカルに素早く操作をする方法もあります。マシンの良さは、フォームが正しければ安全かつ確実に効果を実感できることです。スポーツジムでは、専門のインストラクターなどにレクチャーを受けるとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ