インクラインカールは力こぶを大きくするトレーニング方法

インクラインカールは、ベンチに仰向けになって行うウエイトトレーニングの一種で、主に上腕の二頭筋を鍛える効果があります。腕のたるみは上腕三頭筋を鍛えることが必要で、このトレーニングでは大きく力強い力瘤を作るために必要な筋肉を鍛えることができます。

基本的なトレーニング方法では、フラットではなく床から45度前後の傾斜をつけたインクラインベンチに仰向けになり、手のひらを前に向けた状態でウエイトを持って準備します。腕を体側に沿って密着させ肘の位置をキープしてウエイトを持ち、上げたり下ろしたりを繰り返しましょう。

ポイントは、上げるときには息を吐きながら、下ろす時には息を吸いながらゆっくりと動作をすることです。こうすることで筋肉に十分な負荷をかけることができますが、手のひらが上になるようにねじって動作をすることで、さらに効果がアップするでしょう。

ウエイトをダンベルにして行う場合にはインクラインダンベルスクリューカール、マシンを利用する場合にはインクラインケーブルカールと別の名称で呼びますが、基本的なフォームは同じで得られる効果も同じです。

ダンベルでは重さは固定されてしまいますが、マシンを使用した場合には負荷を調整しながら行えるため、自分に合ったウエイトで確実なトレーニングができるでしょう。また、負荷を上げて強力なエクササイズを行いたい場合には、フラットベンチで実施した方が上腕二頭筋を強く刺激することができ、筋力をよりアップさせることができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ