ナロープッシュアップは手の幅を狭くして行う

ナロープッシュアップとは腕立て伏せの方法のひとつで、主として上腕三頭筋を鍛えるのに適していますが、二次的に三角筋、大胸筋、前鋸筋の筋力をアップさせる効果もあります。筋力アップができるトレーニングの一環ですが、ダンベルやバーベル、マシンなどの器具は必要ありませんので、手軽に実施することができます。

体を一直線にして、両手と両足で支える点などは一般の腕立て伏せと同じですが、唯一の違いは手の幅です。通常は肩幅より広めにするのに対してナロープッシュアップは狭くして行います。そして手の幅が狭い分バランスがとりにくいので、足は揃えずに、やや開けて床に付けてください。

また、手の置き方をハの字形にすると、手首と肘に余計な負担がかかりにくくなります。動作としては脇を締めて息を吸いながら肘を曲げて体を下げ、吐きながら肘を伸ばして体を持ち上げることで、腕に負荷がかかり筋肉を刺激することができます。

負荷を強くかけたい場合には、手の幅を少しずつ狭めて行えば効果的に筋力をアップすることができます。背中をまっすぐにしてバランスよくエクササイズをするためには、足の幅は逆に少しずつ広げて正しい姿勢を維持しましょう。

また、体全体の上げ下げがうまくできない場合には、膝をついて行ってもトレーニングの効果を得ることができます。逆に筋力がついてエクササイズでは物足りなくなった場合には、ダンベルなどを利用したトレーニングも合わせて実行すると、より効果的をえやすいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ