プレスダウンはプッシュダウンとも言い上腕三頭筋を鍛える方法

ケーブルマシンを利用して実施するウエイトトレーニングのプレスダウンはプッシュダウンとも言い、鍛えることができる筋肉は上腕三頭筋と呼ばれる肘から上の力瘤が出ない部位です。男性は、たるみのない逞しい腕を作る上げることができ、女性はすっきりとしたしなやかな腕にすることができます。

筋力がアップすれば新陳代謝も良くなるため、メタボ予防としても効果があります。
実際のトレーニングは、肩幅に足を開いて器具に向かい合って立ったまま行います。マシンのグリップを握ったら、肘は90度の角度を維持してスタンバイし、上腕の位置を変えないように注意をしながら肘から先を上げ下げしましょう。

太ももに触れるくらいまで下げ、元に戻すという動作を繰り返してください。上半身はやや前傾にして、下ろした腕と並行になるのが正しい姿勢です。
プレスダウンは手の幅やグリップの向きによって、鍛えることができる部位が変わってきます。

オーバーグリップでは、グリップは肩幅より少し狭く持ってハンドルを引きますが、この方法は上腕三頭筋の内側と外側を鍛えるのに適しています。逆にアンダーグリップで持った場合には、長頭部分が特に鍛えられます。いずれも息を吐きながら下げ、吸いながら元の位置に戻します。

もうひとつアンダーグリップで片手で行うエクササイズもあり、このケースではマシンに対して45度の位置に立って、外側にある手でグリップを握ってトレーニングを行います。いずれの方法でも、肘の位置は動かさないようにして実施するのがポイントです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ