ケーブルトライセプスエクステンションで肩こりも解消できる

上腕三頭筋をケーブルマシンを利用して鍛えるトレーニングを、ケーブルトライセプスエクステンションと言います。マシンを使用するためウエイトの用意をする必要がなく正しい姿勢を保持しやすいので、初心者にも効果が出やすいのが特徴です。

まず足を肩幅に開き、トレーニングマシンに対して背中を向け背筋を伸ばして立ち、ケーブルの端を両手で持ってください。腕を曲げた状態で持ち上げ、耳の付近に肘が来るように構え、肩から肘までの位置を変えないように注意しながら、ケーブルを引っ張り上げます。

反動をつけたりスピードにこだわるのではなく、負荷が二の腕にかかるのを確認しながらゆっくりと息を吐きながら引き、元に戻す時は息を吸いながら行いましょう。
腰を曲げると引き上げやすくなりますが、効果が薄れてしまいますのでエクササイズでは背筋を伸ばします。

また、腕の位置は頭より前に出ないようにすることで、二の腕の筋肉に負荷を与えやすくなります。また、ダンベルなどを用いる場合には器具の重さで調整すればよいのですが、マシンの場合には器具との位置を近くしたり遠くしたりすることで、負荷を調整することができます。

一般にこのトレーニングは上腕三頭筋腕の筋力アップが目的ですが、筋肉を鍛えると血行も良くなることから、肩や首のコリの改善にも効果があり、冷え症の改善も期待できます。肩こりの改善を目的としている場合には、1セット10回として2セット程度行うだけで効果を実感することができるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ