トライセプスキックバックで腕のたるみを解消する

トライセプスとは上腕三頭筋のことを指し、キックバックとは後ろ足で蹴りだすことを言いますので、トライセプスキックバックとは肘を後ろに振り上げることで二の腕の筋肉を鍛えるトレーニング方法です。正しい姿勢を理解してエクササイズを行うことで、腕の筋肉を鍛えると同時に余分な脂肪を効率よく燃焼させられるでしょう。

フラットベンチとダンベルを利用して、筋力アップを目指します。
トレーニングは片側ずつ行いますので、まずはベンチに片手と同じ側の膝を置いて、上半身とベンチ・床面が平行になるように姿勢を保持してください。

そして、反対側の足は床に固定して、ダンベルを持った手は肘の角度が直角になるようにスタンバイします。肘の位置を動かさないように注意をして、弧を描くように曲げ伸ばしをして筋肉のトレーニングを行いましょう。最も筋肉が緊張するのは肘が伸びている状態の時なので、伸ばしきった位置で数秒間静止すると、より効果を得られます。

実行する回数は、1セットを10回として2セットぐらいを行うのが標準的です。慣れてきたら回数やセット数を増やすと、筋力アップすることができます。セット間にはインターバルをとることも大切で、30秒から1分程とるとよいでしょう。

例えばたるんだ腕を引き締めたいという場合には、軽いダンベルを使用して回数とセット数を増やすのがポイントです。そして、しっかりと効果を上げるためには、背筋を伸ばす、反動をつけて持ち上げない、ウエイトはゆっくりと下げるといった点に注意をしてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ