ワンハンドトライセプスエクステンションライイングについて

ウエイトトレーニングは負荷のかけ方や運動の種類によって姿勢が複数ありますが、ワンハンドトライセプスエクステンションライイングは、ベンチに仰向けになった状態で筋力の強化を行います。トレーニングによって鍛えることができる筋肉は上腕三頭筋で、腕の外側のたるみやすいい部位の引き締めに効果的です。

スタート準備ではフラットな状態のベンチに仰向けになりますが、足は床に下ろして下半身が動かないように固定し、背中や腰が浮かないように腹部を引き締めます。

ワンハンドで行うトレーニングですから、ダンベルは片手にニュートラルグリップで持って頭上でスタンバイした後、肘を曲げて頭の後ろでウエイトを上げ下げしてください。肘の位置を固定することで関節にかかる負担を軽減することができるのです。

また、肘は横に張らずに脇を締めて行うと、筋肉に正しく負荷をかけることができます。このエクササイズは両側の筋肉を均等に鍛えるために、ダンベルの持ち手を変えて左右とも行い、それぞれ1セット10回を2セットぐらいから始めるのが一般的です。

エクササイズでは、常に鍛える部位を緊張させて行うことで効果が上がりやすいため少し軽いと感じる位が適当で、あまり重過ぎるウエイトを利用すると正しいフォームが維持できなくなる可能性があります。

また、腕を下ろす時に肘を下げ、上げるときに前に移動させてエクササイズを行うこともありますが、楽に腕の伸展ができる分筋力アップの効果は得にくくなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ