フレンチプレスは上腕三頭筋を強化するトレーニング

俗に二の腕と呼ばれる上腕三頭筋は、腕の伸び縮みに必要な筋肉のことです。普段の生活では鍛えることが難しくたるみやすいため、フレンチプレスによるウエイトトレーニングで脂肪を燃焼させて筋肉を鍛えると効果があります。

バーベル、ダンベル、チューブなどを持ち上げるなどして腕に負荷をかけて行うのが一般的ですが、水の入ったペットボトルを代用する人もいます。
バーベルを利用する場合には、肩幅より握りこぶし1つ分程度狭くバーを握り、頭の上に構えて首の後ろに下したり戻したりを繰り返します。

ダンベルでのトレーニングでは、片手にウエイトを持って真上に構え、次に肘を肩のラインと水平になる程度に曲げて頭の後ろにダンベルが来るようにします。どちらの方法においても、フレンチプレスで動かす部位は肘のみなので、運動中の姿勢では足は肩幅に広いて固定し、背筋はぴんと伸ばして体がぶれないように気を付けましょう。

適切に効果を得るには、スタートの姿勢から息を吐きながらゆっくりとウエイトを真上に上げて肘を伸ばします。そして、緊張を持続したまま息を吸いながら下ろし、肩と一直線になるまで肘を曲げてください。ポイントは、上げるときと下げるときにかける秒数を同じにすることです。

ウエイトトレーニングは必ずしも重い方が効果が出るというものでもなく、フレンチプレスによって上腕三頭筋をトレーニングする場合には、軽いと感じるくらいが適当です。物足りない場合には、回数を増やすことでバランスを取るとよいでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ