ケーブルサイドレイズはマシンを使用して行う

ウエイトを利用して肩の筋肉を強化できる方法のひとつに、サイドレイズというトレーニング方法があります。この時に使用するウエイトに、ケーブルマシンを利用するのがケーブルサイドレイズです。マシンに対して斜め内側を向いてスタンバイしますが、グリップは腕を伸ばしてマシンから遠い方の手で持って下げます。

次に、肘を軽く曲げて床面に対してケーブルが水平になるくらいまで引き上げ、元に戻して1回です。ポイントは脇を開きながら弧を描くように持ち上げ、ゆっくりと行うということだといえるでしょう。平均的な回数は10回を1セットとして3セット前後で、片側だけでなく両側をトレーニングをします。

トレーニングでは、肩の位置がずれないように気を付けながら上半身をねじること、反動をつけて行わないことが大切です。また、下半身の位置が固定できない場合には、グリップを握っていない方の手をマシンの支柱を持って実行しても良いでしょう。

グリップを引くときには、背筋を伸ばして胸を張った姿勢を維持しながら行い、肘は常に多少曲げておくとトレーニングの効果が出やすくなります。
鍛えることができる筋肉は肩にある3種類の三角筋で、肩幅を広くしたり、肩をたくましくする効果があり、上半身を逆三角形にすることができます。

筋肉が鍛えられると基礎代謝を上げやすくなりますので、肩や背中についた余分な脂肪を燃焼させることができます。また、ケーブルマシンがなくても、正しい姿勢をマスターすればダンベルなどのウエイトを使用しても同様のエクササイズを行うことができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ジム

このページの先頭へ